• GWはピクニックへGO☆ お外で食べたい「ドーナツおにぎり」

    もうすぐゴールデンウィークですね。お出かけを計画されている方も多いのではないでしょうか?今回は天気の良いこの時期にピクニックで食べたいフィンガーフードを紹介します。どれも簡単に作れて見た目も良いものばかりですよ♪

    • おにぎり

      サンドイッチ

      • facebook
      • twitter
      • line

    次はこれが流行る!!スイーツみたいな見た目の「ドーナツおにぎり」

    イースターで人気の簡単・華やか「春巻きの皮キッシュ」

    ピクニックの定番といえば「おにぎり」。ここ数年、「おにぎらず」や「のっけおにぎり」など、いろいろなタイプが流行しましたが、今年はズバリ「ドーナツおにぎり」が流行の予感☆

    作り方はごはんをドーナツ状にかため、上から海苔や炒り卵をトッピングするだけ!とっても簡単なので、お子さんも一緒に作れますよ♪

    コツは、なんといってもごはんを「ドーナツ型」にかためること。ですが、これをキチントさん「ごはん冷凍保存容器」を使えば手軽にできてしまうんです!

    イースターで人気の簡単・華やか「春巻きの皮キッシュ」

    写真のように、底面にくぼみのあるキチントさん「ごはん冷凍保存容器」にごはんを入れ、ぎゅぎゅっと詰めたら、「NEWクレラップ」の上にごはんをのせ、指で形を整えるだけ!

    キチントさん「ごはん冷凍保存容器」の真ん中のくぼみが、ドーナツの形を作るのにぴったりなんですよ。

    ドーナツおにぎりを作ったら、ラッピングもスイーツみたいにかわいらしくしちゃいましょ♪「NEWクレラップ」キチントさん「クッキングシート」があれば、本物のスイーツ顔負けのラブリーなラッピングもできちゃいます♡

    ドーナツおにぎりの基本の作り方・ラッピングテク

    味も見た目もキュートなドーナツおにぎりバリエ☆

    イースターにはずせない!卵型プチマドレーヌ

    チョコリングみたいなドーナツおにぎりは、ごはんと肉そぼろを混ぜてドーナツ状に形を整えて、トッピングすれば出来上がり♪

    詳しいレシピはこちら
    開けてびっくり!卵型の焼きごはんカップ

    イチゴリングみたいなドーナツおにぎりは、ごはんに梅干しを混ぜてドーナツ状に形を整えて、トッピングするだけで作れるので簡単ですよ♪

    詳しいレシピはこちら

    できあがったドーナツおにぎりは、「NEWクレラップ」キチントさん「クッキングシート」でかわいくラッピングすることもできますよ♪

    スティック状で食べやすい!スティックおにぎり

    スティック状で食べやすい!スティックおにぎり

    「にぎらず、包むだけ」で作るスティックおにぎりは、食べやすいのでお外ごはんにぴったり!「NEWクレラップ」でくるんと巻くだけ、具は何でもOKなので、時間がない日のお弁当にも重宝しますよ♪

    女子にうれしい効果あり!カリフォルニアロール風スティックおにぎり

    女子にうれしい効果あり!カリフォルニアロール風スティックおにぎり

    アボカドとスモークサーモンの2色がとっても鮮やかなスティックおにぎり♪

    アボカドは「森のバター」と言われるほど良質な脂質を含んでいます。また、抗酸化作用のあるビタミンEを豊富に含んでいるので、紫外線が強くなる季節にぴったりの食材です。

    詳しいレシピはこちら

    男子が喜ぶ!肉巻スティックおにぎり

    男子が喜ぶ!肉巻スティックおにぎり

    がっつり食べたい人におすすめのスティックおにぎりがこちら。お子様の部活動のおにぎりにもおすすめです♪

    調理ポイントは、肉を炒めるときにキチントさん「フライパン用ホイルシート」を敷くと、フライパンの焦げ付きを気にすることなく、炒められますよ!

    豚肉には、炭水化物の代謝に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。ごはんと豚肉を一緒に食べることは、炭水化物を代謝する上で、効率的な組み合わせです。

    詳しいレシピはこちら そのほかのスティックおにぎりレシピを見る

    パン派にはこれ!片手で食べられる「サンドらず」

    パン派にはこれ!片手で食べられる「サンドらず」

    パン派の方には「サンドらず」がおすすめ。パンで具材を巻くだけで作れて、見た目もかわいいのはもちろんのこと、写真映えもGOODなので、ピクニックなどのお外ごはんにぴったりですよ。

    まるで花束!?花束スティックサンド(サンドらず)

    まるで花束!?花束スティックサンド(サンドらず)

    薄焼き卵とハムで作る花束スティックサンドは、まるで本物のお花のよう。簡単なのに、とってもかわいいので、この機会に作り方をマスターしてみては?

    パンをかわいらしい花束の形に巻くコツは、パンを「NEWクレラップ」の上に置き、ラップごとぎゅっと巻くことですよ!

    詳しいレシピはこちら

    スイーツにも◎!フルーツとヨーグルトのスティックサンド(サンドらず)

    まるで花束!?花束スティックサンド(サンドらず)

    スイーツサンドを作って、食後のデザートも作っちゃいましょう!

    生クリームではなくヨーグルトを使用することで、さわやかな甘さになり、お外ごはんにぴったりです。

    食パンを「NEWクレラップ」の上におき、ラップごと巻くのが上手に作るコツですよ

    詳しいレシピはこちら そのほかのサンドらずのレシピを見る

    フィンガーフードでお外ごはんを楽しもう!

    いかがでしたか?今回紹介したお料理は、おいしくて見た目もかわいらしく、簡単に作れるものばかり。お外に持っていく料理は、衛生的に持ち運ぶことも大切です。NEWクレラップなどを使用して、お料理をきっちり包んで持ち運びましょう。

    また、水気が出るような具材は、あらかじめ水分を切っておくことも大切です。ぜひ、この時期にぴったりなお外ごはんを楽しんでくださいね♪

    この記事のライター
    若子みな美(管理栄養士)
インデックスに戻る