レシピ検索

ちくわと卵のかば焼き丼

こちらのレシピは、大本紀子(Lilico)さん考案のレシピです。

プロフィール

平日は会社員をしながらも、パン製造や講演、料理教室などを行っている。レシピ提供、コラム執筆、著書出版、イベント・メディア出演でも活躍をしている。子どもたちの舌の記憶に『おいしい』が残るように、ふつうのまいにちの食卓が「ハレの日ごはん」になるように、「時短、簡単、ポップでキュート!」なおうちごはんを目指している。

ちくわと卵のかば焼き丼
2人分
  • 10cmのちくわ 4本

  • 卵 2個
  • きび砂糖 小さじ2

  • ごはん 茶わん2杯分
  • 山椒 適量(お好みで)
  • スプラウト (お好みで)


  • A
    • しょうゆ 大さじ1
    • みりん 大さじ1
    • 酒 大さじ1
    • きび砂糖 小さじ1

つくりかた

  • 卵にきび砂糖を入れて混ぜ、キチントさんフライパン用ホイルシートを敷いたフライパンに流し入れて中火で焼きます。火が通ったらスプーンでほぐしておきます。
  • ちくわに包丁を縦に入れて、長方形になるように開きます。
    開いた内面に筋切りをするように、切り込みを浅めに入れていきます。
  • 新しくキチントさんフライパン用ホイルシートを敷き、ちくわを並べ、両面に焼き色がつくまで中火で焼きます。
  • Aを混ぜ、ちくわの両面に塗りながら焼きます。
  • 丼にごはんを盛り、スクランブルエッグ、ちくわを順に乗せ、お好みで山椒をふり、スプラウトを添えて完成。

1つのフライパンの中で、ちくわのかば焼を作りながら、同時にスクランブルエッグも仕上げることも出来ます!
フライパンにキチントさんフライパン用ホイルシートを敷いてから中央を折り曲げて仕切りを作ってくださいね。(工程写真を参照ください)