アイディア特集

夏休みのランチ&おやつにおすすめ!お手軽レシピ集

夏休み 子ども

18.07.17

幼稚園や小学校はいよいよ夏休み! お子様にとっては心躍る楽しみな夏休みですが、ママにとっては気になる悩みが……。そう「ランチ&おやつ」問題です。毎日何を用意すればいいのか困る、マンネリ化して飽きちゃう、というママの声をよく聞きます。そこで、お子様が大好きなランチ&おやつのレシピを集めました。親子クッキングにピッタリなものもあるので、夏休みに親子で料理に挑戦してみるのもおすすめですよ!

お子様も喜ぶ大人気の満足レシピ

まずご紹介するのは、ファミレスなどでもお子様に大人気の2品です。午前中からたっぷり遊んで、お腹がぺこぺこになったお子様でも満足できるボリュームランチを紹介します。ワンプレート盛りなので、準備や後片付けもラクラクなのはママにとっても嬉しいポイントですね。

ファミレス風オムライス

ファミレス風オムライス

お子様の好きな料理の定番、オムライス。卵はふわっととろーり仕上げて、チキンライスにのせて、たっぷりとデミグラスソースをかければ、まるでレストランに出てくるようなオムライスの完成です!

このふわふわ感を出すのが難しい、と感じている方は多いかもしれませんが、NEWクレラップを使って電子レンジで加熱するだけで簡単に作れる方法があるんですよ! ついでにチキンライスも電子レンジで作れるので、これを覚えておくと夏の暑い時期に火を使わずに済むので便利です。

デミグラスソースの代わりに、ケチャップやカレーなどをかけてアレンジしてもいいですね。

ファミレス風オムライス

1人分

  • チキンライス
    • ご飯 180g
    • 玉ねぎ(みじん切り) 大さじ1
    • 鶏むね肉(1cmの角切り) 40g
    • ケチャップ 大さじ2
    • バター 適量
  • 卵・ソース
    • 卵 2個
    • 牛乳 大さじ2
    • 塩・こしょう 少々
    • デミグラスソース(市販) 1/2カップ

ロコモコ丼

ロコモコ丼

ハンバーグも、お子様が大好きなメニューですよね。ワンプレートにごはんとハンバーグ、それから目玉焼きに彩り野菜とフルーツを盛り合わせて、食べ応えのあるロコモコ丼に。カフェっぽく仕上げると、ママもテンションあがりますよね!

ハンバーグはフライパンが汚れて片付けが大変ですが、キチントさんフライパン用ホイルシートを使えば、焦げ付かずにきれいに作れて、洗い物をする時も楽チンです!

しかも、キチントさんフライパン用ホイルシートを活用することで、ハンバーグと目玉焼きを2品同時に作ることも可能。忙しいママにとってはありがたいですよね。

ロコモコ丼

1人分

  • 牛ひき肉 150g
  • たまねぎ(みじん切り) 1/4個
  • 塩 1g
  • こしょう 少々
  • 卵 1個
  • ごはん 1杯分
  • A
    • ケチャップ 大さじ2
    • ウスターソース 大さじ1
    • しょうゆ 小さじ1/2
    • 酒 大さじ1/2
  • トッピング(お好みで)
    • ベビーリーフ 少々
    • アボカド 1/2個
    • ミニトマト 2個
    • パイナップル 2切れ

一緒に作って食べて楽しめる! 親子クッキングにもおすすめのレシピ

次にご紹介するのは、ぜひお子様と一緒に作っていただきたい2品です。

お子様も料理に参加することで、普段食べている料理がどのように作られているのかを学ぶことができます。また、自分で作ることで食べる意欲が増し、好き嫌いを克服することにも繋がります。なにより、ママと一緒に作った料理は、きっとおいしく感じて、ランチタイムがより楽しくなるはず。たっぷり時間のある夏休みだからこそ、ぜひ親子クッキングにトライしてみてください。

どうぶつパン

どうぶつパン

なんともかわいい見た目のどうぶつパン。「こんなの作ってみたい!」と、お子様も興味を持って取り組んでくれることでしょう。

パンを作るのは手間暇がかかって大変、という印象をお持ちではないですか? 確かに時間はかかりますが、思っているほど面倒な作業はなく、むしろお子様と遊び感覚で作れるんですよ!

生地をこねたり発酵させるときはキチントさんマチ付きフリーザーバッグを、焼く時はキチントさんフライパン用ホイルシートを使ってフライパンを活用してくださいね。洗い物が少なくて済み、オーブンを使わないので手軽に作れます。

どうぶつパン

6個分

    • 強力粉 300g
    • 牛乳(500W電子レンジで1分加熱) 160ml
    • 塩 10g
    • ドライイースト 3g
    • 砂糖 10g
    • バター(常温) 20g
  • 飾り:チョコペン

夏休みの富士山おにぎりランチ

夏休みの富士山おにぎりランチ

手軽にできるおにぎりはランチにぴったりですよね。けれど、普通のおにぎりにはもう飽きてしまって……。そんな時は、見た目にちょっと工夫を凝らして、お子様が作りたくなる、食べたくなるおにぎりがおすすめです。

たとえば、こちらの写真のように、ギザギザにカットしたのりを使うと、おにぎりがまるで富士山のように見えます! のりをカットしたり巻いたりする作業は、お子様でも楽しく取り組めます。好みのおかずと盛り合わせて、夏休みの特製ランチプレートを作ってみましょう!

NEWクレラップを使えば手にごはん粒がくっつきにくいので、お子様もにぎりやすいですよ。

富士山おにぎりランチ

2個分

  • ごはん 160g
  • のり 1/3枚
  • 塩 少々
  • お好みの具 適量

夏の暑さを吹き飛ばす、冷たいおやつ

最後にご紹介するのは、夏の暑い日にぴったりな冷たいおやつ、2品です。

暑い夏は、何かと冷たいものを食べたり飲んだりしてしまい、思っている以上に糖分などを摂取してしまいがち。手作りのおやつなら、甘さを控えられますし、安心して食べてもらえます。

材料を合わせて冷やし固めればOKなお手軽簡単レシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。お子様も、ママの手作りおやつにきっと喜んでくれるはず!

ヨーグルトバーク

ヨーグルトバーク

「ヨーグルトバーク」は、その名の通りヨーグルトを使った冷たいスイーツです。材料を合わせて薄い板状に冷やし固め、手で割って食べる新感覚のアイスで、その形が樹皮(バーク)に似ていることからこう名付けられました。

フルーツやグラノーラをたっぷり入れると、見た目にもおしゃれに。お好みでチョコチップなどを入れてもいいですね。冷やし固めるときは、キチントさんクッキングシートを使いましょう。そうすると、容器から取り出しやすいですよ。

ヨーグルトを使うのでヘルシーなのも嬉しいですね。

ヨーグルトバーク

2人分 ※12cm×20cm1枚

  • ギリシャヨーグルト 220g
  • はちみつ お好みの量
  • ミックスフルーツ(缶詰) 90g
  • グラノーラ 大さじ2
  • ミント 少々

すいかのかき氷

すいかのかき氷

夏といえばすいか! そのまま冷やして食べてももちろんおいしいのですが、いつもと違った食べ方で楽しんでみるのもおすすめです。

こちらのレシピでは、丸ごとすいかを使ってかき氷を作っています。キチントさんレンジ対応保存容器にすいかやその他の材料を入れて、冷凍庫で冷やし固めます。食べる前には、少しレンジにかけて、柔らかくしてから器に盛り付けてください。キチントさんレンジ対応保存容器は冷凍にも対応しているので、冷やしたり温めたりするときにとっても便利です。

器に盛り付ける時は、種に見立てて、あるものをトッピング!さてなんでしょう!?

夏の暑さも吹き飛ぶ甘くてさっぱりとしたすいかのかき氷、ぜひ作ってみてください。

スイカのかき氷

2人分

  • すいか 300g
  • グラニュー糖 30g
  • レモン汁 小さじ1
  • 水 30ml
  • チョコチップ 適宜

おいしいランチ&おやつで、 お子様の笑顔あふれる夏休みに!

夏休みにおすすめのランチ&おやつのレシピはいかがでしたか?

せっかくの夏休み。お子様が喜ぶランチやおやつで楽しい食卓にしたり、一緒に料理を作って親子の時間を満喫したり、素敵な夏休みにしていただけたらと思います。今回ご紹介したレシピはどれも手軽なので、ぜひお試しくださいね!

あわせて読みたいコンテンツ

よく読まれているコンテンツ

クレライフ ホーム クレライフの家事ノート アイディア特集 夏休みのランチ&おやつにおすすめ!お手軽レシピ集