レシピ検索

キャベツのザワークラウト

キャベツのザワークラウト
約400g
  • キャベツ 500g
  • 塩 小さじ2
  • 粒こしょう(白) 2粒
  • 赤とうがらし 1本
  • ローリエ 1枚
    • 砂糖 10g
    • 白ワイン 大さじ1
    • 酢 25ml

  • ホットドッグ(1人分)
    • キャベツのザワークラウト 20g
    • ロングソーセージ 1本(30g)
    • ホットドッグ用パン 1本
    • バター 5g
    • トマトケチャップ、マスタード、ピクルス 各適量
  • ザワークラウトのポトフ(2人分)
    • キャベツのザワークラウト 80g
    • ベーコンブロック 100g
    • じゃがいも 1個(150g)
    • たまねぎ 1/4個(50g)
    • にんじん 1/2(75g)
    • 塩、こしょう 各少々)
    • 水 400ml
    • スープの素 小さじ1

つくりかた

  • キャベツは7~8cmの長さ、5mm幅のせん切りにします。鍋またはボウルに入れて塩を加え、キャベツがしんなりするまで手でもみます。(出てきた水分は捨てない。)

  • 粒こしょうはつぶします。赤とうがらしは半分に切り、種を除きます。

  • ①の鍋に②とローリエを加え、ふたをして弱火にかけます。水分が出てキャベツがしんなりしたら、Aを加え、ひと混ぜして火を止めます。

  • 冷蔵庫で保存する場合は、キチントさんレンジ対応保存容器Mに汁ごと入れます。

保存期間は冷蔵庫で約5日、冷凍庫で約1か月です。
冷凍する場合はNEWクレラップに包み、キチントさんマチつきフリーザーバッグに入れて冷凍します。 大量のキャベツも、塩でもむうちにカサが減ってきます。キャベツから出る水分をいかして水を使わないので、うま味が濃く、日もちします。

 こちらはベターホーム協会考案のレシピです。
ザワークラウトとはドイツの保存食で、キャベツの酢漬けのことです。本来は発酵させて作りますが、酢を使って手軽に。調味料代わりに使え、肉料理などがさっぱりと食べられます。

ザワークラウトを使った、ホットドッグ

  • ソーセージはさっとゆでます。
  • パンは縦に切り込みを入れ、バターを塗ります。
  • ザワークラウトとソーセージをはさみ、ケチャップとマスタードをかけ、ピクルスを添えます。

ザワークラウトのポトフ

  • じゃがいもは皮をむいて3cm角に切り、水にさらして水気をきります。 たまねぎは1cm角のくし形に、にんじんは厚さ1cmの輪切りにします。 ベーコンは厚さ1cm、3cm角に切ります。
  • 鍋にAと①を入れて火にかけます。沸騰したらアクをとって弱火にし、ふたをして約10分煮ます。
  • 野菜がやわらかくなったら、ザワークラウトを加えて約3分煮ます。 塩、こしょうで味を整えます。